こどもの矯正

次回予定日

 

1月18日(金)午後 19日()午前・午後
お電話にて予約時間のご確認お願いします

子どもは成長発育をしているので、上下の顎の骨のバランスを整えやすく、顎の骨やその他の発達に影響を及ぼすような場合は子どもの時から歯科矯正治療を開始した方が良いと言えます
 
また、指しゃぶりや口呼吸の口に関する様々な癖(口腔習癖)など成長に影響を与える機能的な問題を改善させ、食べ物を噛み砕いて飲み込んだり、話をしたりする機能の発達を高めることが可能になります
 
さらに先天性欠如歯や埋伏歯などを早期に発見し、適切な対応をすることにより、歯が生えるスペースを確保し、歯を抜かないで済む場合もあります
 
子どもの時から矯正治療を始めると定期的にお口の管理をするため、虫歯や歯周病などの歯科疾患の予防知識も身についてきます
現金・クレジットカード対応しております